これだけ読めば大丈夫!ファースト個別の特徴から評判までを徹底解説

「ファースト個別ってどんな塾なの?」「ファースト個別の評判っていいの?」など、個別指導塾「ファースト個別」について気になっていませんか?

ファースト個別では、講師全員が東大生で生徒の学習を最大限にサポートする環境が整っています

保護者
子供には勉強を頑張ってしっかりとした将来を歩んでほしい!けどお金のかかる塾選びは失敗したくない。。

そこで、数ある塾の中で「ファースト個別」がなぜおすすめの個別指導塾なのかを解説していきます!

先着順でのご案内になるので早めに資料請求・体験授業を受けてみましょう。

この記事では、受験アドバイザーとして300人以上の受験生をサポートしてきた私が、「ファースト個別」について以下の順でみていきます。

  1. そもそもファースト個別ってどんな塾?
  2. ファースト個別の5つの特徴
  3. ファースト個別の3つのメリット
  4. ファースト個別の2つのデメリット
  5. 他の個別指導塾と比べるとどうなの?
  6. ファースト個別の口コミ・評判まとめ
  7. ファースト個別の現在のキャンペーン

この記事を読めば、お子さんの個別指導塾選びに「ファースト個別」がおすすめの理由がわかります。

1. そもそもファースト個別ってどんな塾?

ファースト個別ホームページ画像

ファースト個別とは、都内に拠点を構える個別指導塾です。

普通の個別指導塾では、個別指導と言いつつも2対1や3対1で教えているところも多いです。

ファースト個別では完全一対一での個別指導にこだわっています。

塾ナビランキングでも各校舎口コミで一位になっており、今注目の個別指導塾と言えそうです。

ファースト個別の2つの指導コース

ファースト個別には主に以下の二つの指導コースがあります

ファースト個別の指導コース
  • 個別指導コース
  • 自立学習サポートコース

多くの生徒が、この二つのコースを両方とるようです。

この二つのコースを詳しく見ていきます。

個別指導コース

個別指導コース

ファースト個別は個別指導塾になります。

1対1の完全個別指導で1コマ80分の授業を週1回から受講できます。

分からない単元を進めるだけでなく、勉強方法の矯正まで行ってもらえます。

自立学習サポートコース

自立学習サポートコース

こちらの自立学習サポートコースは、簡単にいうと自習室での勉強をするコースです。

このコースでは、東大生が自習室に常駐し、勉強方法のサポートや質問などを事細かく行ってもらえます。

自習というのは勉強の質が落ちがちです。

にもかかわらず学習の多くを占めるのが、自習時間です。

そんな自習時間を密度の濃いものにしてもらえるのがこのコースです。

ファースト個別の料金

ファースト個別の料金は、月々30,000円ほどからになっています。

授業を何コマ取るかや、自習サポートコースを取るかなどで料金は変わってきます。

詳しい料金などは各校舎に尋ねてみましょう。

ファースト個別の利用例

ファースト個別の利用例・週間予定表

ファースト個別の授業を週2回と自立学習サポートを受講した場合の利用例です。

1週間の予定になおすと、このような形になることが多いです。

また、このように集団塾と併用しているお子さんも多いです。

ここからは、ファースト個別の特徴からコース、評判までをしっかりと深掘りして解説していきます。

2. ファースト個別の5つの特徴

ファースト個別には、ファースト個別にしかない特徴がたくさんあり、それが多くの合格者を生み出している秘訣です。

ファースト個別の特徴としては以下の5つがあります。

ファースト個別の5つの特徴
  • 完全先着順の定員制
  • 一人一人に合った学習マネジメント
  • 東大生にいつでも質問できる自習室
  • 東大生による一対一の完全個別指導
  • ハイレベルな講師陣

このような特徴が、ファースト個別にはあります。

これらの特徴をより詳しくみていきます。

2-1. 完全先着順の定員制

ファースト個別では、講師の質や授業の質の高さを維持するために完全先着順の定員制という方法をとっています。

実際、大手の他の塾だと一人当たりの講師が担当する生徒が多すぎて、面倒を見切れないということもしばしばあります。

ファースト個別では、東大生の講師一人一人が真剣に生徒に向き合い、成績を伸ばす手助けをしています。

そんな手助けの方法については次の項目で解説していきます。

2-2. 一人一人に合った学習マネジメント

ファースト個別では一人一人に合った学習方法を提案しています。

例えばこの下のマネジメント表をご覧ください。

学習マネジメント表

このように1週間のやるべきことや、自習内容や学習計画を細かく一人一人に合わせて組み立ててくれます。

こういった学習表は、なかなか保護者の方が考えるのは難しいです。

また、ここまで真剣に細かく学習予定を立ててくれる塾はめずらしいです。

2-3. 東大生にいつでも質問できる自習室

ファースト個別では、東大生にいつでも質問のできる自習室があります!

普通の塾の自習室では、基本的に自習をする場所で質問ができるのは別の場所になっています。

しかし、ファースト個別では疑問を感じたらその場で解決できるのが魅力的です。

「先生が相手だとなかなか質問しづらい。。。」

こういったお子さんも多いんですよね。

自習室には、比較的、年の近い現役東大生が在中しています。

質問しやすい環境も整っていておすすめです。

2-4. 東大生による一対一の完全個別指導

東大

ファースト個別では、東大生による一対一の完全個別指導を行っています。

自習をしていてなかなか理解できなかったり、得意なところをもっと伸ばしたいなどあると思います。

そうしたわがままを、東大生を独り占めして解決していくのがファースト個別の個別指導です。

他塾だと、個別指導と言いつつも1対2や1対3などが実はすごい多いんです。

これは塾側は儲かりますが、生徒側は指導時間が単純に1/2or1/3になってしまいます。

こうしたことはせず、正々堂々、一対一で指導してもらえるのはおすすめできるポイントです。

2-5. ハイレベルな講師陣

何度もご紹介していますが、ファースト個別ではほとんどの講師が東大生です。

ファースト個別の講師陣
  • 東京大学
  • 早稲田大学
  • 慶應大学
これらの大学以外の大学生はいない! また、出身中学も凄い!
  • 開成
  • 麻布
  • 桜蔭
  • ラサール学園
  • 渋谷教育学園

面接の時に厳しい選考を通過した学生しかいないので、安心です!

東大生の在籍人数は約300人

出身大学だけでなく、出身中高も都内や神奈川の優秀校ばかりです。

中学受験を考えているお子さんにはぴったりです。

先着順でのご案内になるので早めに資料請求・体験授業を受けてみましょう。

3. ファースト個別の3つのメリット

ファースト個別が、徐々に気になってきたと思います。

このファースト個別に通うメリットが3つあります。

ファースト個別の3つのメリット
  • 東大生を身近に感じられる
  • 他塾の内容も扱ってもらえる
  • 授業外もカバー

このようなメリットがあります。

これらを順番に紹介していきます。

メリット①:東大生を身近に感じられる

この塾の1番のメリットは東大生を身近に感じられることです。

他の塾だと、早慶東大生に教えてもらえたら大当たりです。

個別指導の塾では、人手が足りないことも多く日東駒専やそれ以下の大学生が指導しているところも多いです。

学力=指導力ではもちろんありません。

たくさんの塾講師をやっている大学生アルバイトをみてきましたが、頭の良い学生は基本的に教えるのが本当に上手です。

子供に高いレベルの学力水準の授業を受けさせることが保証されているのは、本当に大きなメリットです。

メリット②:他塾の内容も扱ってもらえる

ファースト個別では、他の集団塾の内容でわからないところも授業や自習室で教えてもらえます

例えばサピックスや四谷大塚などに通いながら、ファースト個別でそういった塾でわからなかったところの穴埋めができます。

もちろん、ファースト個別だけを利用する人も多いです。(割合は1:1ほど)

こうした、他塾の内容も取り扱ってくれる塾は他に少ないでしょう。

メリット③:授業外もカバー

ファースト個別では、週一回の授業以外は基本的に自習に当てられます。

そのため、自習している時に授業で扱っていない内容でも質問ができます。

他塾だと、授業をメインに行うことが多いです。

そのため、授業外で授業に関係のない内容を質問できる環境はあまりないです。

ファースト個別では、自習室に東大生が常にいるのでその場で分からない部分はすぐに質問できるのがメリットです。

4. ファースト個別の2つのデメリット

ファースト個別のメリットを紹介してきましたが、デメリットはないの?という方も多いと思います。

この章では、ファースト個別のデメリットを紹介していきます。

ファースト個別の2つのデメリット
  • 定員制で校舎が少ない
  • 料金が少し高い?

これらのデメリットについて、詳しく解説していきます。

デメリット①:定員制で校舎が少ない

ファースト個別では、完全先着順で定員制をとっています。

なので校舎あたりに通える人数が制限されていて、いつでも入塾できるわけではありません。

また、校舎も関東に8校舎しかありません(うち東京に5校舎)

すぐに近くの校舎に通えるわけではないので注意が必要です。

ただ、人数が少ないということはそれだけ一人一人の面倒見が良い塾になります。

先着順でのご案内になるので早めに資料請求・体験授業を受けてみましょう。

デメリット②:料金が少し高い?

ファースト個別の料金は、他の個別指導塾と比べるとやや割高のように感じます。

ただ、大抵の個別指導塾が1対2で80分の授業を行っており、一人当たりの授業時間は半分の40分ほどになります。

講師が1対1で、みっちりと教えることのできるファースト個別の方が割安と言えます。

また、東大生にいつでも質問できる自習室も利用することができるので、そこまで含めるとかなりお得です!

5. 他の個別指導塾と比べるとどうなの?

個別指導塾は、ファースト個別意外にもたくさんあります。

簡単に表で比較すると以下の通りになります。

  ファースト個別 トーマス 森塾 東京個別指導学院 個別教室のトライ
塾名
総合評価
指導スタイル 1対1 1対1 1対2 1対1 1対2 1対1
授業時間 80分 90分 80分 80分 120分 (うち60分は自習時間)
入塾金 11,000円 27,500円 20,000円 なし 11,000
校舎数 8校 87校 157校 201校 607校
講師の質
合格実績
サポート
塾近くの環境 良い 良い 校舎による 校舎による 校舎による
塾内の環境

そういった「他の塾と比べてどこが良いのか」塾別に以下の順で比較していきます。

  • トーマスとの比較
  • 森塾との比較
  • 東京個別指導学院との比較
  • 個別教室のトライとの比較

では、実際に比較してみていきます!

トーマスとの比較

ファースト個別とトーマス比較

都内などに多数校舎のあるトーマスと比べてみます。

トーマスでは、主に授業を中心として学習が進められます。

一方、ファースト個別では自習中心に進められ、授業外でのサポートが手厚いです。

トーマスでは授業をとらないと他科目をみてもらえません。

森塾との比較

森塾との比較

森塾では、1対2の授業が基本です。

また、中学受験や中高一貫校の学習には対応していないです。

森塾ではどちらかというと、公立校の定期テスト対策のような形です。

東京個別指導学院との比較

東京個別指導学院との比較

東京個別指導学院では、1対2で授業が行われます。

また、授業自体が完全個室で行われることはないです。

その点、ファースト個別ではホワイトボードも完備され完全個室で集中して授業を受けることができます。

個別教室のトライとの比較

個別教室のトライとの比較

個別教室のトライでは、授業が120分あります。

一見長いように見えますが、半分の60分は自習時間にされてしましいます。

ファースト個別では、しっかりと80分授業を行います。

その上で、自習スペースで東大生にも質問できる環境が整っていておすすめです。

6. ファースト個別の口コミ・評判まとめ

ファースト個別に関する口コミや評判をここではまとめていきます。

このように、トーマスの完全上位互換といった声もありました。

また、塾比較サイト大手の塾ナビには以下のような良い評判が多数ありました。

出典:塾ナビ

このように、自習室に関してかなり評価が高いように感じました。

また、個別ということもあり、料金に関する口コミも少しありました。

出典:塾ナビ

講師に関しては、「固定で同じ先生になると良い」といった口コミや勉強に集中できる環境が整っていると言う良い評判が多くありました。

出典:塾ナビ

実際に子供の成績が上がった親御さんからの口コミになります。

とにかく完全個別で先生が生徒に向き合ってくれるというところが高評価でした。

先着順でのご案内になるので早めに資料請求・体験授業を受けてみましょう。

7. まとめ

ここまで、今話題の個別指導塾「ファースト個別」についてまとめてきました。

もう一度おさらいしておきます。

ファースト個別の特徴としては以下の5つがあります。

ファースト個別の5つの特徴
  • 完全先着順の定員制
  • 一人一人に合った学習マネジメント
  • 東大生にいつでも質問できる自習室
  • 東大生による一対一の完全個別指導
  • ハイレベルな講師陣

このような特徴が、ファースト個別にはあります。

ファースト個別は他の個別指導塾にはない成績を上げるノウハウがたくさん詰まった塾になります。

もし個別指導塾で迷っているのであれば、ファースト個別はおすすめの塾になります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です